トイレのすべて

トイレのトラブルが発生した場合の対処法

普段使用しているトイレも、様々なトラブルが起きる場合があります。
トイレが詰まる、水が逆流してきて便器から溢れだした、水がしっかり止まらず、チョロチョロ流れて無駄な水道代がかかるなど、多種多様なトラブルがあります。
自力で対処出来る場合もありますが、詰まりを取り除く場合は詰まりを取る道具が必要だったりと、無駄な時間や、費用がかかる場合があります。
業者に頼んだ場合、詰まりなどの基本料金は5000円~8000円が相場になります。
自力対処が無理だと判断したら、業者に頼むのが効率がいいです。
業者によって費用は違いますので、ホームページなどで確認すればそれぞれの料金も公開していますので、自分の都合にあった業者を選ぶことができます。
トイレのトラブルの状況も様々なので、詰まりを取るだけなのか、またはパーツ交換が必要なのかどうかでも費用が変わりますので、業者に見積もりを出してもらうことも重要になります。
しっかりとした見積もり、比較、検討した上で無駄な出費を抑え修理を頼みましょう。

賃貸住宅でのトイレトラブル

賃貸住宅で、築年数がだいぶ経っている家を借りている方で、トイレのトラブルはよく耳にします。
まず良く話で聞くのがトイレの水漏れ、便器の貯水タンクと水道をつなぐ部分のゴムが劣化したり、ナットが緩んで隙間ができてしまい、その部分から水が漏れてきてしまい、室内の床がぬれてしまいます。
良く広告やテレビのコマーシャルで見かけるトイレのトラブルに対応する会社に頼むのが普通ですが、どうしても高額になってしまいます。
賃貸住宅の場合、管理会社がある場合は管理会社に、 管理人さんがいらっしゃる建物であれば管理人さんに相談してみるのが一番オススメです。
しかし、管理会社等を通すと、すぐに対応できない場合もあります。
その場合、自分で修理することも可能です。
ただし、自己責任になるので、気をつけましょう。
まず、水の元栓を閉めます。
これで自宅内の水道はすべて止まります。
そこから作業開始です。
水漏れしている部分のナットを外し、中に入っているゴムを見ます。
もし、ゴムが切れていたり、ボロボロになっている場合はそのゴムを交換して、また元の状態にすれば直ります。
特にゴムにダメージがない場合はナットが緩んでいた可能性があるので若干強く締めましょう。
これで大体は改善されますが、もし改善されない場合は相談しましょう。

Valuable information

太陽光 メンテナンス

2017/11/17 更新