トイレのすべて

ペットのトイレしつけは早めがおすすめ

ペットを飼いはじめたとき、トイレのしつけを早めにすることは重要で、ある程度成長してしまってからだと中々覚えにくくなります。
猫の場合は覚えるのが早いのですが、犬は根気よく教えないと覚えないこともあるので、準備は早めに行うべきです。
トイレをしたい様子を見せたときに、シートをひいている場所まで連れて行って覚え込ませるのが一般的ですが、間違った場所にしてしまったときの怒り方を間違ってしまうと上手にできなくなってしまうため注意が必要です。
トイレを失敗した時に叩いてしまったり、必要以上に怒鳴りつけてしまうと余計に違う場所でしてしまうようになったりするため、加減が必要になります。
多頭飼いする場合には、シートの数も一つではなくそれぞれに準備して上げたほうがペットもストレスを感じなくて済みます。
猫などはシートよりも専用の猫砂を用いる家庭も多いですが、足でかいてまき散らしてしまうこともあるので、瞬時に固まるタイプやトイレに流せるタイプを利用すると処理が簡単です。

ペットのトイレのしつけ

犬や猫などペットのしつけには、それなりに時間がかかります。
特にトイレを覚えさせることは重要なしつけです。
トイレの場所をよりわかりやすくするためには、ケージやサークルなどで、囲うと覚えるのが早い傾向があります。
最初にトイレの場所を決める時は慎重に選んでください。
その場所がその先ずっとペットのトイレとして活用されるためです。
場所がしっかりと決まったら、ケージやサークルを置いてペットシーツを隙間なく撒いていきます。
最初のうちは排泄する位置が定まらず失敗するかもしれませんが、何度か繰り返すうちに位置が安定してきます。
また、排泄するタイミングを飼い主が判断できるかも重要なので、行動をしっかりと把握し、排泄のしぐさをみせたら、場所まで誘導してあげましょう。
寝起き直後や食後、運動した後などが排泄のサインを見せることが多いのでチェックしましょう。
行動を観察し、排泄するポイントへ誘導、排泄が終ったら褒めてかわいがる。
これを繰り返し行い、最終的に自発的に排泄するポイントに向かうようになったらしつけ完了となります。

Favorite

ノベルティを考える

Last update:2018/4/20